キタムラサキウニ
漢字:(一般名ウニとして)海胆、海丹、雲丹
英名:(一般名ウニとして)sea urchin
学名:Strongylocentrotus undus
ホンウニ目/エゾバフンウニ科
殻長10cm

分布:日本各地の沿岸岩礁域

「ウニ」と言えば本種とムラサキウニを指します。また本種も市場ではムラサキウニと総称されています。
沿岸の磯辺にごく普通に見かけるウニです。
我々が食しているウニの部分は、生殖巣といわれる、身を割った内側に貼り付いている黄色い部分です。
キタムラサキウニはやや大きめで、夏から秋にかけての産卵期がもっとも美味といわれています。
<<<CLOSE>>>
無断掲載を禁じます