魚イラスト》海水魚》磯魚・沿岸の魚・食用魚

オヤビッチャ イラスト adobe Ai形式 / jpg形式

オヤビッチャ・イラスト

イラスト・オヤビッチャ


沿岸のエサ取り魚、オヤビッチャのイラストです。
拡大による画質劣化の心配がない、Adobe Illustrator によるベクター作品。


提供先(直営)
・・・

ストックフォトにて提供中
・・・
・・・

・・・
fotolia, photolibrary,PIXTAより提供中の作品はすべてRGB形式となります。


このページに表示されているイラスト画像はjpg形式で、自由にご利用いただけます。
まとめサイトへの転用もOKですが、掲載の際には必ずurl  www.atpicpac.v-or.jp (C)あとりえポルカドッツ の記載をお願い致します。


■オヤビッチャ・イラストについて

磯や防波堤から海を覗き込むと、
そのシマシマのコントラストからすぐに見つかる、ごく普通にみかける魚、オヤビッチャ。


典型的なスズメダイのスタイルをしており、
グレ(メジナ)やメバルをエサ釣りで狙ってる際に、
キュウセンやキタマクラと同じくどこからともなく現れてきてはそのおちょぼ口でエサだけ取っていくエサ取り魚。


実は美味で特に九州沖縄では煮付けフライなど惣菜として食されます。。


今回のオヤビッチャ・イラストは、その明確な縞模様を主張させるべく、ウロコ模様はできるだけ控えめにするべく透明度を上げ、うっすらと模様付けるまでに致しました。


近似種ロクセンスズメダイとの違い、オヒレの縞模様がない点も描写。
図鑑データにもとづき各ヒレ棘・軟条数も合わせました。





オヤビッチャ
漢字:親美姫
地方名:アブラウオ、シマヤハギ、マツウオ、セセラ他
英名:Sergeant major, Indo-Pacific sergeant
学名:Abudefduf vaigiensis (Linnaeus, 1758)
分類:スズキ目 ベラ亜目スズメダイ科ソラスズメダイ亜科 オヤビッチャ属
分布:インド洋から西太平洋の沿岸域。
特徴:成魚体長約20cm。 
   日本の沿岸、磯や防波堤でごく普通に見かける種。
   身体に5本の横縞模様が特徴。背中側は黄色みがかる。
   近似種のロクセンスズメダイとはオヒレに縞模様がないことで区別できる。
   (参考:原色魚類検索図鑑・北隆館刊、 wikipedia:オヤビッチャ項)



オヤビッチャ イラストご利用検討の方へ

この作品はベクター、jpgともにロイヤリティフリーです。
直営カートFC2、 およびストックフォトにて提供しています

提供先(直営)
 提供形式・・


ストックフォト
 提供形式・・
 提供形式・・


fotolia, photolibrary,PIXTA掲載作品はすべてRGB形式となります。


このマークの作品は、Adobe Illustrator 10以降のグラフィックソフト作品です。
このマークの作品はソフトを必要とせずご利用いただける、デジカメ写真と同じjpg形式です。
PIXTAはEPS、jpgがお選びいただけます。



他の作品と複数同時ご利用検討中の方へ
お問い合わせください。上記ストックフォト経由のない、直接のお取引にてご案内致します。
イラストご利用等のお問い合わせフォーム》


関連作品

イサキ



キュウセン・オス



ゴンズイ



トゲチョウチョウウオ



ツノダシ


イスズミ


カゴカキダイ





作品一覧にもどる


ホーム 商用イラストのご案内 イラスト作品集 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示・個人情報保護について 

2000-2013 (C) 魚 イラスト atelier POLKADOTZ all right reserved.