イボダイ(ボウゼ) イラスト

イボダイ・ボウゼ・イラスト

魚イラスト・イボダイ(ボウゼ)


イボダイ(ボウゼ)イラスト単体は拡大自在のadobe Ai形式で作成(利用可)。

イボダイとう魚は、私の子供のころはサバよりもアジよりも食べる機会が多かった魚です。ずっと地方名の「ボウゼ」で覚え続けてきました。
これが「イボダイ」という正式名であることを知ったのは、グルメ漫画「美味しんぼ」に、徳島の郷土料理として、このボウゼを使った姿寿司が掲載されてから。このときは、徳島の実在するお店青柳さんが紹介され載っておりました。

我が家では終始塩焼きでした。小骨とかも少なく子供にも食べやすい魚です。
それゆえにこのイボダイ(ボウゼ)、泳いでいる姿よりも食卓の上の姿しかイメージがわきません。
深い海にいる魚ですのでダイビングでお目にかかることは稀でしょう。

描くときに、そのきゃしゃなヒレ軟条の数を間違えないように気をつけました。
画像ではちょっとみえにくくなってます。

実際の納品ものは1m四方に拡大しても劣化しないベクターチ、Aiiもしくはepsです。地元の鮮魚店の方が購入され、自前で業者にのぼり旗へ大きく印刷したものを使っておられます。



このイボダイ(ボウゼ) イラスト画像が使いたい>>>

直販サイト
  対応形式:

 
 




DATA
和名:イボダイ、疣鯛
地方名:エボダイ(東京)、アゴナシ(銚子)、ボウゼ、ウオゼ、ウボゼ(関西・四国)、アマギ、シズ(愛媛)、バカ(高知)、クラゲウオ(兵庫・広島の一部)、シス(広島市周辺)、ナッカン、シュス(下関)、モチウオ、モチノウオ(九州各地)、ギチ(熊本)、コタ(鹿児島)など
英名:Japanese butterfish
学名:Psenopsis anomala (Temminck et Schlegel, 1844)
分類:スズキ目・イボダイ科
分布:東アジアの温暖な沿岸海域




関連イラスト

メジナ(グレ)
魚 イラスト、キンメダイ。
キンメダイ

タチウオ
ハモ イラスト
ハモ



徳島名産の魚



マナガツオ






<<作品一覧にもどる<<


ホーム 商用イラストのご案内 イラスト作品集 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示・個人情報保護について 

2000-2013 (C) 魚 イラスト atelier POLKADOTZ all right reserved.