海、川、山、自然がいっぱい イラスト、アート、フイギュア、ディオラマのサイト

パステルと色鉛筆を使ったイラストの私の描き方を紹介します。あくまで一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

イラストができるまで -2-


スポンサードリンク

背景2.サンゴを描く
背景のサンゴを遠い順に描いていきます。
まず薄い緑を塗ります。

はみでた部分は、海の時と同じように、消しゴムで消していきます。この写真では細部を消すのにペン形消しゴムを用いています。
このように薄い色ならば問題ないのですが濃い色だと完全に消せずに残ってしまうので、不安な場合はマスキング処理を施します。

消しゴムかすを払うのに、手で払うとせっかく描いた絵がかすれる恐れがあるので、はねぼうきなどのやわらかいものをつかいます。

私の場合、写真にあるようなほこりとり(ケヤリムシと名付けています)ではたき、それでも画紙にしつこく着いている物は慎重に指で擦り取ります。
塗り終わったら、定着します。


サンゴに立体感をつけるため、少し暗い(濃い)緑でグラデーションをかけます。

色が見つからない場合はこのように二つ以上の色を混ぜ合わせます。

一番遠くのサンゴが塗り終わりました。
ここまでグラデーションをつけるため3回、徐々に濃い色をつけました。
わすれずに定着スプレーを吹き付けます。
定着処理は一つの過程が終わるたびに必ず行ないます。

次に手前のサンゴを仕上げます。
先ほど仕上げたサンゴと同化しないようにするため、ベースになる明るい黄緑には別の色を使いました。

変化を付けるため、一番左のサンゴは色を変えました。

サンゴの枝1本1本にグラデーションをつけます。
さっきのせたサンゴのベース色に深緑をすこしまぜたものを、
1本1本に丁寧に描いていきます。
サンゴの枝が小さすぎてこのような描き方ができない場合は、
サンゴ全面にグラデーション用の色をベタ塗りし、ペン消しゴムで不要な部分を消していく方法を用います。
ここでも、描き終わった後には定着を忘れずに行ないます。

輪郭を色鉛筆でなぞり描きします。
描画色に一番近い色を選びますが、色を選ぶのにある程度の「色への慣れ」が必要になってきます。違いすぎる色を選んでしまうと、線が主張し過ぎて背景の域を越えてしまうので注意が必要です。

エダサンゴが完成しました。

背景3.磯を描く
磯を塗ります。
まず明るいグレーをのせていきます。
ここでも不安なときはマスキングしますが、今回はマスキングせずによけて塗っていきました。

磯を塗るときはわざとムラをつくります。
元々岩なのでこのくらいムラがある方がより岩らしく表現できるからです。
この時点で定着します。

暗い(濃い)グレーを、磯の岩に似せてグラデーションをつけていきます。
磯の岩は、山の岩と質が違うので、資料写真などがあればそれを参考にして塗っていきます。

さらに"らしさ"を出すために、青やピンク(磯の岩にはいろいろな色がくっついてるんですよ)をのせていきます。
岩のもつゴツゴツさを表現するように心掛けます。

ひととおり描くごとに定着スプレーをします。

さらに暗い(濃い)グレーをかけて、立体感を強調します。
立体感のつけやすさは、パステルの得意とするものです。

磯が完成しました。
定着処理を忘れずに。

背景4.砂地を描く
砂地を塗ります。
明るい黄色をのせていきます。
マスキングは省略しました。

セオリーでは海の次はこの砂地が一番遠いのでここから先に塗るのですが、無理してこだわる必要はありません。
都合がよい順番で塗ればいいわけです。

砂の質感を出します。
少し暗い(濃い)黄色で表現します。

これで背景が仕上がりました。





<<<HOME>>>
イラストレーター
川口ユキヒロ作品紹介
絵のレシピ
プロフィール 1.花のえがきかた
Gallery1
海のイラスト
2.虫のえがきかた
Gallery2
里山のイラスト
3.魚のえがきかた
ポルカドッツのなかまたち
展示会場案内 アートクリエイト
依頼作品例集 ウミガメマスコットつくろう!
イラストができるまで スイーツ空容器を使って、ミニ砂浜をつくろう!
ひとこと伝言板 イラスト成功哲学
私の部屋 イラストレーターになるには(改定版)
お部屋のイメージアップ大作戦 私はこの方法で、自由にイラストがかけるお金と時間を手に入れました
フリー素材1
CG作品DL
スノーケリング入門 売り込みの不安・恐怖感をなくす方法
フリー素材2
ログブックにもどうぞ!
お魚シール