海、川、山、自然がいっぱい イラスト、アート、フイギュア、ディオラマのサイト

パステルと色鉛筆を使ったイラストの私の描き方を紹介します。あくまで一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

イラストができるまで


スポンサードリンク



まず、どんな作品にするか、考えます。
これが一番楽しくて、一番時間がかかるところです。
決まったら、全体の構図、彩色したときのカラーバランスなども考慮しながら、下絵作成にとりかかります。
だいたいこのときはデスクにおらず、どこか別の場所でほけーとしているときが多いです。

他に、車の運転中や、別のことをしているときにふっと沸いてでてくるときもあります。


下絵を作成します。
作成過程で下からライトを当て、紙を透過させることが多いので、トレーシングペーパーに描いています。
線は上に紙を重ねて透過してもはっきり見えるよう、ペンでしっかりと描きます。

下絵の上に、画紙を重ね、ドラフティングテープで固定します。
私は製図に使うケント紙を主に使っています。
そしてまず下絵をトレースします。下からライトを当て、下絵を透過させて、画紙に鉛筆でうすく線をなぞり入れます。
 
これが私の愛用画材、パステルです。
パステルは誰でも簡単にグラデーションの表現ができる、お手軽画材。
私はこの48色基本セットと追加購入したものを使用しています。


折れたり汚れたりして少々お見苦しいのはかんべんしてね

背景1.海を描く
背景を塗る際に、魚やクリオネなど、はみだしたくないものをマスキングします。
パステルは、はみでた部分は消しゴムで消せるのですが、紙の繊維の奥に入った色や濃い色は完全には消せず、しかも暗い色の上に明るい色をのせても発色しないため、マスキング処理が必要になります。
マスキング紙は、お手軽な「貼って剥がせるワープロ転写紙」を使っています。
これも、下絵トレースと同じく、下絵をなぞってマスキング紙に写します。
写し終えたら、切り取り、画紙に貼付けていきます。
マスキングシートを使うのが本来の方法ですが、私の場合はこの方法が早いのでシートを使わずに、剥がせる転写紙を使っています。

すべてマスキングが終わったら、いよいよ着色です。
 
マスキング終了後。撮影に気付くのが遅れ少し塗ってしまいました。
色の塗り方
まず、コピー用紙などの紙に、パステルを擦り付けます。
パステルは簡単に色の粉となります。
 
その色の粉をコットンやティッシュ、時には指ですくって、画紙へのせていくわけです。
   
今回は若干濃いめのブルーを着色します。
まず、下地に明るいブルーをのせていきます。
中央左の大きなウミガメにはマスキングが施されていませんが、
このウミガメはもともとがダークブルーなので、マスキングせずとも上から重ね塗りする事が出来るので省略し、目などの白抜きする部分のみマスキングしています。
こうやって少しでも効率化を計り、作成時間を短縮させます。効率化と時間短縮もテクニックの1つです。
 
下地を塗り終えたら、本命の色をのせていきます。
この時にただ青をベタ塗りするのではなく、下地の明るい青を生かし深層部は濃く、水面域は少し淡い目にしたり等の工夫をします。
この濃い青を下地無しで直接塗ると、色ムラを起こし訂正が大変です。
 
広い背景を塗る場合、コットンを使用します。
ふだんはティッシュを使用しますが、ティッシュよりコットンの方が色ムラを起こしにくいようです。
 
輪郭が不必要などの理由でトレースしていない部分を誤って塗らないよう、確認しながら、作業を進めていきます。
とはいえ、もし塗ってしまっても、ある程度は消しゴムで消せますから、はみでても構わずに続行します。
はみ出ないよう気にしすぎると、その部分だけえらく濃くなったり、逆に遠慮し過ぎて薄くなってしまったりすることがあるので、むしろ気にせず思いきってはみだして、それにより色ムラを少なくする方がいいかと思います。
 
塗り終わったら、マスキングをはがします。
糊部分が画紙に残らないよう、また、画紙を破いてしまわないよう、ゆっくりとはがします。
この時、マスキングの境目にはパステルが積もっているので、丁寧に取り除きます。
 
はみ出た色を消します。
練り消しゴムを使うと、カスがでないし、こすりすぎて画紙がほつれたりしにくくなります。
細い部分はペン型の消しゴムを使います。
   
すべてマスキングをはがしはみでている部分を訂正し終えたら、
再度チェックし、その後、定着スプレーをかけます。
パステルは「紙の上に色粉を置いた」状態でしかないので、指でこすれば簡単にかすれてしまいます。
そこで、定着液を吹き付け、固定させる必要があるわけです。

この定着処理を施した後は、当然ながら消しゴムをかけて消すことはできなくなります。
もう訂正箇所はないかよく確かめてから、スプレーをふきつけます。
ふきつけ加減にはある程度の慣れが必要で、吹き付け過ぎると色がにじんでしまい、控えめすぎると定着効果が薄かったりします。
 
背景の海が完成しました。