魚イラスト》海水魚》産業魚 ハタハタ

ハタハタ イラスト・ベクター

題名:ハタハタ 魚イラスト



ハタハタのイラストです。

うっすらついている背景と、泡模様は後付けしたものです。オリジナル作品にはついていません。


ストックフォト

     

■ハタハタ 魚イラストについて■

ハタハタという魚は名前と生態は知っていましたが、
私の生息地である四国徳島では見る機会は極端に少なく、これまで描いたことが一度もない魚です。


今回ご依頼を受けて市販用ロイヤリティフリー作品として作成しました。


今ではネット通販技術の発達により楽天市場などから容易に買うことができるようになり、助かってます。
楽天市場でハタハタ検索


ハタハタは一時期乱獲による漁獲数激減期があり、
釣りは地域よって規則があり細かく釣り方法、たとえばサビキ以外禁止等、厳しく制定されているらしいです。
もともと日本海側、太平洋では北側に分布する魚(図鑑より)らしいので、
南四国では釣る習慣がついておりません。


それだけに、なんとも気になる魚ではあります。


作品はAdobe Illustratorで作成。
のちにPhotoshop向けにpsd変換し、カラーモードをRGBにしてjpgで保存したものも用意しました。


(転載する際には「あとりえポルカドッツ/川口ゆきひろ」
http://www.atpicpac.v-or.jp/
を必ず記載してください。記載なき場合は削除申請の対象となります)


ハタハタ
漢字 魚へんに雷、 雷魚、燭魚
地方名 サタケウオ、カミナリウオ、ジンタン、シラハタ、オキハタ、カタハ、カハタ、シマアジ(標準和名のシマアジとは別種)、ハタ、オキアジ など
英名 Japanese sandfish,Sailfin sandfish
学名 Arctoscopus japonicus Steindachner, 1881
分類 スズキ目ハタハタ科ハタハタ属
分布 北西太平洋、日本海、オホーツク海、カムチャッカ半島、千島列島
特徴 成魚平均体長約20cm。
体は扁平し、体表にウロコがない。尾ビレ、胸ビレは著しく大きい。 
普段は泥底に身を潜めているが、夜になると活発化し捕食を行う。そのため釣りはもっぱら夜釣りが中心となる。
深海域に生息している魚。11月から12月にかけて産卵のため沿岸域にまで上がってくるので、その時期は沿岸からの釣りが可能。
産業魚。 秋田県の名物「しょっつる」はこのハタハタからとったもの。
(参考:原色魚類大図鑑・北隆館刊、 wikipedia:ハタハタ項)



このハタハタ イラスト提供について

ストックフォト


  




他の魚種とおまとめでご利用検討中の方へ
お問い合わせください。上記ストックフォト経由のない、価格を下げてのご案内を致します。
イラストご利用等のお問い合わせフォーム》








<<作品一覧にもどる<<


ホーム 商用イラストのご案内 イラスト作品集 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示・個人情報保護について 

2000-2013 (C) 魚 イラスト atelier POLKADOTZ all right reserved.