魚イラスト》淡水魚》河川の魚

ハナカジカ /イラスト Adobe Ai / jpg形式

カジカ・イラスト

イラスト・ハナカジカ


淡水魚のカジカ(ハナカジカ)をイラスト作成しました。
Adobe Illustratorによるベクター作品。



■ハナカジカ・イラストについて


底層魚にはハゼやヨシノボリのようにカエルのような飛び出た眼をもつ種類が多くありますが、
このハナカジカも負けず劣らずファニーな顔つきをしています。
英名では、Wrinklehead sculpin(小じわ頭のカジカ)。


一般的なカジカが本州・四国に分布するのに対し、
ハナカジカは北海道と、東北の一部に分布。
見た目の区分けは、主に、胸びれ軟条上端が分岐していることと、エラ蓋棘の数が3つ。


その点も描き分けました。


本種ふくめ、北海道生息の魚類を多数ご依頼を受け描かせて頂き、
同時に私も勉強させていただきまして、
いわゆるご当地魚はその土地ならではの色合い・特色があり、


それらを演出することも描く楽しさのひとつとなっております。




ハナカジカ
英名:Wrinklehead sculpin
学名:Cottus nozawae Snyder,1911
分類:カサゴ目カジカ科カジカ属
分布:北海道、東北の一部の上中流域、樺太
特徴:
体長約15cm。河川陸封魚。
身体はやや太く、ウロコはない。
体色は暗褐色、暗色横帯がある。
頭は縦扁、 多数のしわがある。
眼隔域は平坦。上がくは下がくよりやや長い。
上がく後端は眼の前縁下に達する。
両がくと前じょ骨に歯はがある。 口がい骨には歯がない。
左右のさい膜は峡部にゆ合。
前さいがい骨に3本の棘、一番上の棘は上方向に曲がり、太くにぶい。
胸びれ上部の軟条は分岐。
オスの腹ビレ各軟条の内側にはこぶ状の突起が並ぶ。
第1背ビレ7〜9棘、第2背ビレ15〜19軟条、臀ビレ12〜15軟条
水生昆虫や小魚を食べる動物食性。
産卵期は5月。流れの緩やかな瀬の石の下に雄が巣を作る。
カジカと同じく一夫多妻制で産卵後卵を守る。

(参考:原色魚類検索図鑑・北隆館刊、wikipedia カジカ項)





ハナカジカ イラストご利用を検討の方へ
この作品はロイヤリティフリーで準備中です。


直営カート



ストックフォトでも提供中
 



他の作品と複数同時ご利用検討中の方へ
お問い合わせください。上記ストックフォト経由のない、価格を下げてのご案内を致します。
イラストご利用等のお問い合わせフォーム》




関連作品
アカザ
ウキゴリ イラスト
ドジョウ イラスト

オショロコマ
ベニザケ
ヤマメ 真横イラスト
ワカサギ イラスト


マハゼ





<<作品一覧にもどる<<


ホーム 商用イラストのご案内 イラスト作品集 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示・個人情報保護について 

2000-2013 (C) 魚 イラスト atelier POLKADOTZ all right reserved.