AI形式で作成した魚イラストをリアル系・キャラ系共に公開・提供中。

魚イラスト》海水魚》沿岸の魚・食用魚

ギンカガミ イラスト adobe Illustrator Ai形式(オールベクター) / jpg形式

ギンカガミ イラスト

イラスト・ギンカガミ


このとおり、変わった形状の魚、ギンカガミ。 このイラストは、Adobe Illustratorのみで作成致しております。
拡大による画質劣化がありません。

カラーモード:CMYK

 ◆高画質作品提供先◆
 

 

スポンサードリンク

■ギンカガミ・イラストについて
あまり関東では出まわらない、奇妙なデザインをした魚、ギンカガミ。 この魚は産業用としての価値は低いですが、なかなかに美味だそう。


今回このユニークな魚をイラスト化するにあたって、ご依頼主より「パッと見で判別できる、変わった形の魚」という指示のみ、特にこの魚種を指示されたわけではありませんでした。
そしてこのギンカガミを選んだのは私自身であります。


実は私も食べたことも実物を拝見したこともないです。が、この奇妙な形状をした魚、以前からキにかけていて、描いてみたいという気持ちはありました。


熱帯淡水魚に、「ハチェットフィッシュ」という魚がいます。この魚も、ギンカガミと同じく腹部が異様に広いい。そしてものすごく薄べったい。
ハチェットフィッシュは観賞用で大きさも数センチ、このギンカガミは20cmほど。


イラスト製作では、腹部の金属っぽい表現にはクリッピングマスクと不透明マスクで行いました。
背ビレと臀ビレの軟条がとにかく多い。でもコピペで増やすことは頑なに避け、すべて描いております。
というよりコピペのほうが手間だったりする・・・・


ギンカガミについての図鑑データはこちら。
ギンカガミ
漢字:銀鏡 地方名:カガミウオ、ホウチョウウオ(包丁魚)、ムナダカ(胸高)、ヒラエバ、など
英名 :Moon fish
学名 :Mene maculata (Bloch and Schneider,1801)
分類 :スズキ目ギンカガミ科ギンカガミ属
分布 :東シナ海、茨城県以南太平洋、沖縄および八重山諸島
    主に内湾や沿岸域
特徴 :成魚平均体長約20cm。
    極端に広い腹部と、側扁した胴体で容易に判別可能な魚種。
    腹ビレは糸状に伸びる口は垂直上に開き、吻は伸ばすことができる。
    日本では漁獲はあるものの市場に出まわらず価値は低くみられているが美味。
    特に関東ではなじみ薄い魚。
    (参考:原色魚類大図鑑・北隆館刊)


ギンカガミ イラストご利用検討の方へ

この作品はベクター、jpgともにロイヤリティフリーです。
直営カートFC2、 およびストックフォトfotolia, Photolibraryにて提供しています
・・・ 


ストックフォト
・・・
fotolia, photolibrary掲載作品はすべてRGB形式となります。


他の作品と複数同時ご利用検討中の方へ
お問い合わせください。上記ストックフォト経由のない、直接のお取引にてご案内致します。
イラストご利用等のお問い合わせフォーム》



関連作品
マトウダイ イラスト
マトウダイ

イボダイ
イボダイ(ボウゼ)






作品一覧にもどる


ホーム 商用イラストのご案内 イラスト作品集 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示・個人情報保護について 

2000-2013 (C) 魚 イラスト atelier POLKADOTZ all right reserved.